さば観
おもにゲーム、おもにひとりごと、まれにネタ
『カオスシード』をつくった人とゲーム実況
 ニコ生でやったと言う情報をたまたま知った。
タイムシフトで見られるのがあと3日で、危ない危ない金払ってでも見るともさ!
と息巻いたけど……総時間8時間半!?
待てども待てどもローディングが終わらなくて、本気で見られないかと思った。
何十分かかっただろう……

セガサターンの名作『カオスシード』をつくった人とゲーム実況【シシララTV#32】
<ゲスト>
 髙田誠(元・ネバーランドカンパニー 代表/現在・株式会社 Fenris)
 受田直行(元・ネバーランドカンパニー プログラマー/現在・株式会社 Fenris)

 まもなく20周年だから、とかでは全然なかったようだ。
倒産した話題が出たときは泣いた。
しかし今は皆スマホゲーに流れてるのね……
 けっこうなウラ話も。
・立ち上げ当初の会社名はラキシス(ファイブスター物語)
・仕様書はない。当時はみんなそうだった。
・プログラムは10人
・SS版のタイトルは、当時ナントカ大戦が流行っていたから
・SSカオスの時の借金を返し終わったのは2010年
・権利関係で何度かモメた
・初回版とサタコレでは発売元が違っている
・今の版権はスクエニ(タイトー)
・髙田さんが設定資料集のことを覚えてなくて、コメントと髙田さんとでザワザワしてた。ちゃんとチェックもしてたよ、と身内から言われてもピンときてないようだった。ソフトバンクから出た公式の本ですよ社長!
・トイレから戻ったら日本フレックスの話もする、って言ってたのにそれっきり

 あとウルフチームのあの作品は誰が作った、とか細々あったけど
その辺はよく分からないので覚えてない。


 プレイ動画としても面白かった。
チュートリアルは、ハタから見てると確かに長い。(前半で2時間w)
プレイしてる時は気にならなかったけど。
 初心者のプレイはまだるっこしかったけど、6時間もするとカタチになっていたから
やっぱりプレイして感覚をつかむゲームなんだよなー、と改めて思った。
 コメントできない分、叫びながら見てた。「そこじゃねえよォォ!」とか。
あと「索敵部屋作ったんだから見れ!」と。
ボス戦は声だして笑ったw

 あと十何年経って初めて知ったことが。
壁の中の因素も有効なんだ!
ワクの中に収めるもんだと思ってたよ……

 マイナーだマイナーだと言われているゲームだけど
発売から20年近く経つのに、閲覧の延べ人数が8千人超えているのに驚いた。
作った方も思い入れが強いのを感じたし
こんな面白いゲームが売れず、プレミアがついてプレイ人口が増えないというのが
本当にもったいないと改めて思った。
 って、実はSFC版2本持ってるんだよね。(手違いで)
そのうち1本は市場に流しておきます……

(2016.8.11 YouTubeにリンク)

拍手する

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sabaori.blog32.fc2.com/tb.php/935-49dc0100
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック