さば観
おもにゲーム、おもにひとりごと、まれにネタ
音声ナビをした
 友人Tから半ベソの電話がかかってきた。「隣町で1時間迷ってる」と。
そもそもコチラにかけるつもりじゃなく、間違えたみたいで
同行者(別行動)とも連絡がつかず、パニックになっていた。
 幸い、前の日に一緒に行った所だったので
確かに分かりづらい所だったし夜だったし、と思い出しながら説明した。
「……なんとか頑張ってみる」と電話は切れたものの
不安になって、ネットの地図を広げもう一度電話でナビを。

「街路樹あるべ。木ィー並んでらどご」
「木………あったっけが」
「大きな通りがら、木―あるどごさ曲がるったでば。それで突き当たりに料亭みてったのが………って言うが、今どご?」
「ええと………………木のどご曲がったけど」
「○○って店ねえ?」
「××ならある」
「んー、地図さは載ってねえな。一回、分かるどごまで戻れ。コンビニが病院が」
「ちょと待って。分がったかも………」

……数分経過……

「…………××って店ならあるばって」
(さっきも聞いたよ!!)

 方向音痴の上に軽くパニックになってるものだから
全く要領を得ないし、説明しててイライラした。
何度「地元まで戻ってこい!乗って説明してやる!」と言いたくなったことか。
結局、30分ぐらいかかった気が………いや、もっとかもしれない。

 PCの初心者のサポート電話とか、大変だろうなあと思った。
あと「バーニングレンジャー」(SS)のクリスの気持ちも、ちょっとだけ分かった。

拍手する

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sabaori.blog32.fc2.com/tb.php/668-15f0bdb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック