さば観
おもにゲーム、おもにひとりごと、まれにネタ
<ロールプレイングゲーム>
 テーブルトークRPGをやっている人に言わせると、RPGなんてロールプレイじゃないらしい。
昔は主人公にキャラクター性を持たせることも否定されてたけど
今じゃプレイヤーキャラに個性がない方がめずらしい。
 個人的には主人公が勝手にしゃべろうがしゃべらなかろうが、それに感情移入できればいいんじゃないかと。
自分が主人公、と言うより主人公に自分をシンクロする感じ。
 オンラインRPGはロールプレイと言うにふさわしいんでしょうね。
自分は男キャラだろうが女キャラだろうが、結局自分にしかならなかったなあ。

 RPG自体をあまりやらなくなってしまったのは
時間がなくなったというのもあるけど、
以前のように入り込めなくなったというのが大きいかも。
 最後に主人公とシンクロできたのは「グランディア」(SS)かな。
その頃、斜にかまえた主人公や複雑な話のRPGが増えてきた中で、
そーだよ!純粋に「冒険」がしたいんだよ!と思いました。
 ジャスティンと一緒に走り、笑い、泣いた。
話はもちろん戦闘も楽しくて、めずらしく終わるのが惜しいと思ったゲームでした。(終盤長かったけど)

 SFC時代はRPGやりまくってたけど、あまり内容覚えてないなー

拍手する

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sabaori.blog32.fc2.com/tb.php/511-500f4fb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック