さば観
おもにゲーム、おもにひとりごと、まれにネタ
トライガンとわたし
前回の記事で、TRIGUNの事もちらっと書こうと思ってたので
あんなタイトルだったんだけど
結局削ってしまったので、中途半端な事に。
 最終巻が出たときに感想でも、と思ったが
好きなものほど上手く語れなくて二の足を踏んでたんだけど
思い出だったら語れるなーという事で、今更ながら語ってみようかと。
CSでアニメやってたのを見て、つい読み返してしまったし。
 初めて雑誌で読んでうおお面白れー!と思い、1巻読んで完全にハマり、月居さんをハマらせ、
こんなに一気にハマるとすぐ冷めそうで恐いなーと思いつつ、静かに燃えてたんだけど
キャプテンが休刊し、ショックを受けつつも忘れかけていた頃にアニメ化の話が。
声は小野坂昌也だし。聞いた時には盆と正月が来たようで何が何やら。
しかも連載再開されるし。
 もちろんこっちでは放映されず、録って送ってもらいましたが、
アニメが始まってからは知人もハマっていくし関連商品は出るし、
普段はマイナー上等!なんだけど、世間との盛り上がりと同調するのも悪くないなーと。
や、元々はマイナー側に属してたんですけどね。
作者も書いているように、キャプテン掲載時は雑誌のメイン扱いではなかったし。
 グッズは普段あまり買わないけど、熱に浮かされて
眼鏡買ったり(すぐ壊れた)、ガチャ集めたり、トレカもらったり、
たまになら踊らされるのも悪くはないかと。
アクションフィギュアは手を出さなかったけど、買っといても良かったな。
 
 漫画の終盤はアニメを追っていくようでしんどかったし
終わると聞いてから最終巻出るまでが長くて長くて、
やっと読んだときは、ああ本当に終わってしまった、という印象しかなかったけど
改めて読むと、エレンディラとリヴィオの対決が面白かったり
メリルがちゃんとヒロインとして描かれていたり、と
やっと「ちゃんと読めた」感じです。面白かった。
 そーいやキャラ萌えはなかったな。
凸凹コンビが好きで出てくると和むけど。話がシリアスになりすぎる所にねじ込んでる、って部分もなきにしもあらず。
キャラクターとしてはネオンが好き。
悪者は嫌いだが、悪の美学を持っている人は好き。ネウロの葛西とか。

 アニメ化したあたりにエナブレも布教したんだけど
いかんせん絶対数が少なくて、「知ってるけどソフトがない」て反応ばかりだった。
SFCの書き換えにあれば!と思ったけど
今更でもバーチャルコンソールに出ないかな。
……スチームパイレーツはどんなゲームだったんだろうなあ(哀)

 ええい、映画の続報はまだかー!!

拍手する

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sabaori.blog32.fc2.com/tb.php/437-dc0c6a58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック