さば観
おもにゲーム、おもにひとりごと、まれにネタ
レイトン教授と最後の時間旅行(DS)
 難易がちょうど良かったと言うか、
自分にとっては難しすぎず簡単すぎず、な問題が多く
テンポ良くプレイできました。
 1コなら早めにヒント見ていい、というマイルールを設けたからかもしれない。
「分かってるよ!」と思うのが多いけど
それでもよく読むと糸口がつかめたりするので、なかなかバカにできなかったり。
 もちろんよく考えても分からない問題もあるので
それは後のお楽しみに。
問題の意味が分からなくてヒント見たのもあったけど。

 今回は声が入る部分が多かった。
有名人が声をあてるってのは、
いくら上手くても本人のイメージがつきまとうから
よっぽどイメージが合ってないとジャマに思える。
まー大泉以外は声だけじゃ分からないし、慣れたからいいけど。
 その点ではナゾリーヌは本人のキャラが全面に出てるので
悪くなかった。つーか笑った。
 ラストということで、主要キャラ大集合で面白かった。
……え、ラストじゃないの?
 ドンポールいいなあ。単なる女好きって気がしないでもないが。
 アロマが可愛くてたまりません。1作目は何とも思ってなかったけど
ルークと競い合っている所とか、正解したのに驚いてる所とか。
ホテルでの怪しい発言と照れっぷりにやられた。

 話の大きなナゾは、予想はしていたけど
大がかりすぎて信じ込まされてしまった。
街の人はどーやって連れてきたのか、とか
いろいろと突っ込みはあるけど、その辺はあまり気にしない方向で。
 愛する人を救うためなら手段が間違っていてもかまわない、
というのは「エナジーブレイカー」(SFC)を思い出させました。
 謎の女性は10年後のアロマだと予想していて
それなら丸く収まるのになーと思ったり。(そう上手くはいかないか)

拍手する

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sabaori.blog32.fc2.com/tb.php/407-c1ed7d04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック