さば観
おもにゲーム、おもにひとりごと、まれにネタ
シャイニング・フォース イクサ(PS2)
 一言でいうと、「前作の足りなかったストーリー部分を補強して、出し直しました」ってトコロでしょうか。
 いや、システムはスネオでほぼ完成されてるし、それでもいい気もするけど
同じマップ使ったりしてるわりに、話につながりはないのがちょっと気になった。

 面白かったし話もそれなりだったけど、どーもいまいち燃えなかったなーと思っていたところ
冬堂さんの日記を読んで、ハッキリしました。

> ゲームバランスなどが行儀良くなりすぎてどうも不満です。

 「普通のゲームっぽい」と思ったんだけど、それは良くも悪くも「まともになりすぎた」のかもしれないな、と。
 たしかに「ワンパンで即死」が少なかったです。
「この先は話に関係ないよ」っていう道も、少し後から行ってみるとわりと簡単に征服できたり、「こっからココまで、こんくらいのレベル」っていう住み分けがキチンとしすぎてたような気がします。
ある程度レベルが上がるとマップは一気に開拓できるので、後でまた挑戦に来るっていう楽しみがなくなったし。
その点は、「邪神降臨」「スネオ」をやった後だと物足りないのかも。
 せっかく見つけたパワーアートも、刻んでいくうちに自然に入手して持ってるものだったりして、ちょっとガッカリ。

 やり応えがないと言いつつ、主人公が二人いるしめずらしく魔法を育ててみようかなーと思ったものの
結局、弓ばっかり使ってました。一度にたくさんのことできないもので……。
 そしてまたラスボスは、無敵アイテム使いまくって倒しましたよ(泣)


 某紙の記事で「さあ萌えて下さい」と書いてたらしいけど、
その辺はどっちかっつーと中途半端な感じでした。個人的にはホッとしたが。
序盤でネコミミが出て「うっ」と思ったが、むしろ終盤に出てこなくて良かった。
 まー萌えうんぬんは、前作が話周りが寂しかったので「今回は頑張ってまっせ!」という意味だったんだろうけど、個人的には「邪神降臨」ぐらい「ストーリー?何だっけ?」ってのも嫌いじゃないです。
 キャラとしてはルルネーゼルが好き。あとアバロン。
ラグナダーム3世はやたら自分が正義だと信じて疑わないし根拠はないしで
あんたはアメリカか!と思った。


(以下、ネタバレ)


 てっきりラストは、手に手を取って『バルス』
……じゃなくて、力を合わせて扉を抜けるとかいう展開になると思ってました。
 あとクリア後に(いちおう反転)出現するダンジョンで、メインキャラが一杯出てくる所は
カオスシードのダンジョンモードを思い出した。
ちっこいフィリップはぷちっと踏みつぶしたくなる。

拍手する

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sabaori.blog32.fc2.com/tb.php/229-ea00b736
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック