さば観
おもにゲーム、おもにひとりごと、まれにネタ
伊集院と泳ごう
ときメモ。卒業後の伊集院と主人公の小ネタ。
甘々(多分)。
「暑くない?」
 伊集院はふう、とため息をついて言った。
「いや俺は別に・・・・」
 伊集院家の敷地内にある夏用の館は、クーラーもないのにひんやりしてるし、近くにある沼からさわやかな風が流れてきて、見た目にも涼しげだ。
「日本に帰って来ると、暑さより湿度が堪えるのよね」
「そんなもんなんだ」
 伊集院はアメリカに留学しているが、休みを作っては自家用ジェットで帰ってくる。
 海を隔てた遠距離恋愛のわりには、ちっともそんな感じはしなかったり。
「・・・あ、やっぱり暑いかも」
 俺は前言撤回した。
「そう? それじゃ冷たいものでも・・・」
 メイドさんを呼ぼうとしたのを、俺は止める。
「それよりさ、泳ぎに行かない? 今年まだ泳いでないし、さ」
 と言うか伊集院と泳いでいない。
 なにしろ、気持ちを通じ合ってから初めての夏だ。
「そうねえ・・・・」
「やっぱ暑い時は海とかプールだよ」
 と言うか、水着。
「そうね、私もしばらく泳いでなかったし、たまには身体を動かさないとね」
 俺は心の中でバンザイ三唱をした。
「それじゃ、どこで泳ぎましょうか」

1、いますぐ水着! 伊集院家のプール
2、室内プールもいいかもしれない
3、やっぱり夏は海でしょ

拍手する

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sabaori.blog32.fc2.com/tb.php/141-63f3edb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック