さば観
おもにゲーム、おもにひとりごと、まれにネタ
大逆転裁判2 (3DS)
 全体的に遊びが少なかった気がする。
先を急いでプレイしたのと、あまり引っかからなかったせいかもしれないけど。
陪審員のシステムも形だけっぽい感じだったし。

 トリックはだいたい予想通りだった。
プロフェッサーも死神も予想がついたし、
ラスボスは伝統的だったから、やっぱりか、と。


 とにかくジーナちゃんが可愛かった。
目標を見つけたことが本当にうれしそうで、キャッキャしてるのが微笑ましい。

 アイリスパパ周りの話は考えてもない展開で驚いた。
ガッツリと事件に関わって深刻に語られると思ってたのに
中心から少し外れた所で、割とさらっと。
アイリスが悲しい思いをしなくて良かったけど。
 ホムアイは血筋としては「パパじゃない」だったけど
その上でアイリスが選んだ「パパ」なのが、嬉しかったんだろうな。
 恋愛はなし、と公式に言われたようでもあるけど
元々ホムアイは恋愛を越えたものだと思っていたので、個人的にはあまり変わらず。

 ミコトバ教授が1話に出てきた時、教授もこのノリの犠牲になるのか…
と思ってたら、足さばきまで披露するとは。
 つうか、「ワトソン教授」は完全にカヤの外なのね。

 前作で漱石をゆさぶれなかったのが残念だったので、
2周目はガタガタと思う存分ゆさぶりたいです。
アノシャー&漱石が楽しい。
 「1」で話削られたみたいで、残念だったけど
画集で謎の人扱いだったし、逆裁画廊でソレっぽい背景が飾られてたので
もしかして…!と思ってたらやっぱり。

 ジェゼール嬢は肝心なところで再登場すると前作から思ってたけど、
結局、素顔も分からずもう一つの名前が分かっただけだったか…

 亜双義生存説はずっと語られてたので、やっぱりかーぐらいだったけど
ずっとアソ←スサな感じだったのに、急に龍スサでびっくりした。
亜双義には憧れで、龍之介は身近にいて本当の気持ちに気づいたのかな、とか
亜双義とは幼馴染っぽいので、兄妹の感情だったのかな、とか。

 ダウンロード、今回は無料の2話だけ?
日本編は、逆裁1からの伝統とは言えソレはどうなの…って思ってたことがスッキリした。


 ホムアイが日本に遊びに来る続編を!
その辺りには亜双義も日本に帰っているかもしれないし。

拍手する

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sabaori.blog32.fc2.com/tb.php/1023-f59b38f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック