さば観
おもにゲーム、おもにひとりごと、まれにネタ
机上の人

 こないだの旅で、ほとんど出歩かなかったけど
趣味のものも一応買っていた。

 ポーズモデルにもなるかなとも思ったんだけど
さすがに思った通りのポーズにはならない。800円程度にしては充分だけど。

NEC_1122.jpg
 その辺にたたずませて、たまに見てなごんでいる。
組み合わせるには、なかなか丁度いいのを持ってなくて残念。

 カエル注意。
追加

 休日だから少しぐらい描けるだろう!と声がしたので
あわてて描いてみた。
改めて伊集院、誕生日おめでとう!!
 近頃はおざなりでスミマセン。
去年描きかけたマンガもあるんだけど……

 最近は某名探偵の前髪を描くたびに伊集院を思い出している。
……ジャマな前髪、頭はいいのにアホっぽい、愛するべきウザさ
そうか、若干ツボだと思ってたのは、その辺かもしれない(笑)

拍手する

(没ネタ)掟の理由
 今年は(も)たいしたものは描けそうにないので、昔考えたネタを。

 伊集院家には何代かに一人、両性具有が生まれるという血筋で、そのために「掟」が作られた。
その子は男として育てられ、元服の頃にどちらかの性を選ぶ。
もっとも、そのほとんどは男を選ぶ。
……とかいう設定。

 伊集院の秘密を知ってしまう主人公。
ウソをつかなくてもいい相手(友達)が出来たことを喜ぶ伊集院。
基本的に男なので、着替えとか見られても平気。
友達として仲良くなっていくふたりだが、主人公には別の感情が芽生えていく。
 卒業後は当然「男」を選ぶつもりだ、と宣言する伊集院だが……。

 どう考えてもエロ設定だよなあ、と思いつつ
ラブコメ→シリアスな話に。

 これがボツなのは、己にふたなり属性がまったくないためだったり。
荒筋作ってそれっきりだった気がする。
 掟の設定としては気に入ってるんだけど。


拍手する

夏の旅~合言葉はまた来月~
 絶賛夏バテ中だったので、ヲタツアーもほぼナシ。
1日目、会場に着いた時まで身体重くて仕方がなかったのに
本買っているうちにそんな事も忘れ、
旅行中は「普通に疲れてる」程度の体調になってた。
相変わらずコミケでの脳内麻薬の出方はすごい。

ヤチさんのスペースにて
14時51分 まだらの紐を見た。

 しばらくイサ森さんとヤチさんのスペースに居座っておりました(汗)
大逆話したかったので、存分に話せて楽しかった!
 ヤチさんに便乗してアキバに行って武者絵展を観た。
今回、本ッ当に出歩かなかったので、とりあえず行った、な気持ちになれました。
印刷されたものよりかは、色紙の方を観てたけどね!

 2日目は、体調万全じゃないのに行くのかよ!と思いつつ企業へ。
「きみしねあかどこ」あらかた10周年記念ブック~伝説のライブCD付~
を一つ買うためだけに。
まー企業ブースに向かう道のりが少し辛いぐらいで、そんなに並ばずに買えた。
思ったより読み応えがあって、とてもよかったです。にゃんこ。

 3日目は品川のコインロッカーが空いてなくて、近くの駅も当然新橋もなくて、結局荷物を家に送って1時間ロスorz
この時期に飛行機は初だっけか……上野辺りはそれほど苦労しないから、ぬかった。
 そのせいで、帰りは結構ギリギリで土産買って搭乗口行ったら、すでに搭乗時間でした。危ない危ない。

 そーいや同人誌買って初めてでかい紙袋をもらったんだけど、

 は ず か し い

好きなサークルならまだしも、とりあえず買ってみるか程度の所だったし、
そもそもグッズあまり要らない人間だし、ジャマだし、
「いらない」って断るのと、会場で捨てるのとどっちが失礼かなーと思いつつ持って帰った。

 今回、初めてカプセルホテルを利用してみました。1泊だけど。
思ったよりは広いし、そこそこ眠れたけど、やっぱり普通のホテルの方がいいや。
今回ホテルからあまり出なかったしね!
 まー来月も東京行くから、ヲタツアーも観光?も持ち越しということで。

拍手する

じゅうでんかんりょう
 交通トラブルはなかったけど、今朝コインロッカーがどこも空いてなくて
1時間ロスするハメに…結局コンビニで家に送った。
 なんか色々やらないといけないけど、精神的に充電できたので頑張る方向で。
とりあえず裁き申込み!

拍手する

(作戦)いのちをだいじに
 明日から東京だけど、夏バテ気味で旅の準備もまだ終わってなかったり。
どっか行こうかと調べたりもしたのに、ホテルにこもる事になる気がする。
まあ最低限のヲタツアーは行くだろうけどね!

 気力があればなんとかなるけど、休み明けが怖いので
ほどほどにしときます。

拍手する

ホムアイ
1508homir.png
 無邪気コンビがかわいくて仕方ない。
このふたりは恋愛なしで、「家族」としてずっと暮らすのが正しいEDだと思う。
恋愛以上のもので繋がっている感じ。
 アイリスが年頃になると周りがほっとかないから、多少の波風は立つだろうけど。

「あんなオトコにアイリスをやれるかッ!」
「やだなあホームズくん、あたしが結婚するわけないじゃない」
「え、だってあのオトコと交際してるんじゃないのかい」
「交際と言うか・・・・取材? 『物語』の参考になるかと思って、おつきあいのマネゴトをしてみただけだよ」
「じゃあ、あいつをなんとも思ってないのかい?」
「ホームズくんだって言ってるじゃない、『恋愛は必要のないものだ』って」
「ボクをを置いて出ていったりしないよね」
「ホームズくんをヒトリにしておくのは、あらゆる意味で不安だからね。あたしの創作のモトでもあるし。
まあ、ホームズくんみたいな人が現れたらわからないけど」
「それなら安心だ。このボクを超えるオトコなんて、未来永劫出てくるはずがないじゃないか!」

……ってところまで見えた。
年頃アイリスとホームズの、恋愛手前なネタはいくつか浮かんでいるけど
練ったところで不毛だよなあ。

拍手する