さば観
おもにゲーム、おもにひとりごと、まれにネタ
らくがき
ちびミツ シンプルにしすぎたので ヒラヒラ増量してみた 冥たん

 10月中に文を2本ぐらい……

拍手する

劇場版トライガン
 公開時に東京以北が北海道だったので、やっぱりか、と思っていたけど
まさか今になって観られるとは。

 いやー楽しかった。
番外編(マンガ)で4人がドタバタやってるのを見ただけで感無量だったけど
映画ではあまりにも「いつも通り」で、
あれ?アニメやったのってそんな前だっけ?
あれ?原作終わったんだっけ?
という感じだった。
 話はベタと言うかお約束と言うか、予想通りだったけど
そんなことより、美学とか小物とかガンアクションとか、ニヤニヤしっぱなしだった。

 今回は感想(批評)は書かない!と心に決めて観たので
主観のみの感想です。
楽しかった!以上!!
とてもありがとうと言いたい!

拍手する

伊集院さんのテレカ
 ときメモ1のキャラ13人分のテレカが発売されるそうです。
うわどうしよう!と思ったけど、思いとどまった。
……せめて図書カードなら。
いや、使うモノじゃないのは分かっているけど
集めるだけのグッズって買う気がしなくて。

 ああでも、今になってグッズが発売されるのは嬉しいです。
下火になってからは、ちゃんと13人分用意してくれるんだよねえ。
当時、グッズが12人分しかないのは助かったと思いつつ、くやしかった……
ええまあ、それでもそれなりに搾取されてましたが(笑)

(10.9.25 追記)
 そういえば、女の子の格好のグッズは初でしたね。
この絵自体しばらく前に見てたし、グッズ候補もいくつかあったからうっかりしてた。
 そして、本当に伊集院さんだけ品切れ。
……いままで邪険にされてたファンの気持ちの現れだろうか(苦笑)

拍手する

体験版はクリア後にやるものです(断言)
 「逆転検事2」の発表を聞いて、期待と不安に襲われたけど
今は純粋に楽しみにしてます。
や、自分より不安がっている人を見たら落ち着いたと言うか(笑)

 買うソフトの前情報はあまり見ない主義なのですが、今回は……ムリです。無理無理。
少なくとも冥の登場を確認するまでは!
多分、出てこないってことはないと思うけど。
 確かに前作では登場多かったし、もっと美雲ちゃんも活躍するべきだったとは思うけど
その事を声高に言ってるのはほんの一部の人なんじゃないかなー、という印象が。
どうしても否定的な意見が目立ってしまうけど、
むしろ逆検で冥の人気は上がったのではないかと。欲目を抜いても。
それより気をもんでいるのは、ロウのファンではないかな。
 不安な気持ちもあれども、前作で冥にホレさせてもらった立場としては
ゴチャゴチャ考えずに待ちかまえようかな、と。
あとは書きかけのネタに矛盾が出そうで心配。(さっさと書け)

 「2」の可能性はあるとは思っていたけど
夏コミでは縮小気味だったし、自分も参入してしまったし(笑)
このまま縮小するんじゃないかと思いかけていました。
 しかし、「コッチ(逆検)はコッチでやるから、ソッチ(ゴーストトリック)はソッチでやってね」という感じがしないでもない。
まー番外編でつないどいて、「5」をやってもいいと思えるようになってから出してもらう、とかでもいいですけどね。
 つうかね、元々マイナーやら古いものにずっとしがみついている身としては
情報に一喜一憂できるだけでも幸せなことだよなあ、としみじみ思った。
喜ぶ方向が根本から違ってしまうだけ、現在進行形&メジャーなジャンルに縁がなかったり……。

 あと、たしかに冥が好きでたまらないけど、
たとえ出なくても、楽しみは楽しみなんだよなーと気づいた。
とりあえず、コロシヤに仇は討てそうだが。
贅沢を言えば、昔の狩魔家が見たかったがダメっぽいな……。
 つうか、冥の登場がハッキリするまでは情報チェックしようと思っていたけど
公式ブログを読んでいたら、身体がキョヒしていた。
まっさらな状態で始めたいと言うか、プレイヤーキャラと同じ条件でいたいと言うか。
でも今回、体験版はちょっと迷っている……

拍手する

考えすぎ
逆転裁判 4コマ
10gs-memo.png
「9時間9人9の扉」では久々にこんな状態だった。

鈍感こじらせて死んだ→

拍手する

FF3 20周年

 20周年だったらしいんで
印象的だった導師(ネコミミフード)とカエルを描いてみた。
あとはディッシュとか全員竜騎士とかじーさんズとか……長い長いラストダンジョンとか。

 人生で2つ目にやったRPG。
それ以降、本格的にゲームにハマり込んでいったので
人生を変えたゲームその1かもしれない。

拍手する

祝!逆転検事2発売決定
私を出さなかったら、
どうなるかわかっているでしょうね?
1009gk2.png

A.さとうさんが泣きます。

拍手する

逆転裁判2-蘇る真実、再び…-(宝塚)
 発表当時は「宝塚で逆裁!?(ゲラゲラ)」程度の印象だったので
「2」も作られていたことも知らなかった。
でもわりと評判がいいらしいので、微妙に気になっていたら
スカパー無料デーで観られてよかった。

 始めはどうしても、ナルホドが歌って踊ってるよ(ぷっ)とか思ってしまったけど
アレは北米版のナルホドじゃなくて、フェニックス・ライトと言う別の人の物語なんだ、と。髪の色も違うし。
 髪と言えば、ポスターでは正面の絵だったけど
始まってしばらくしてから、微妙にトガっているのに気づいた時には笑った。
 どーでもいいけど、洋名はフェニックスで日本だと龍が入ってて
相反するものだなあと思ったり。

 話はざっくりした感じで、あくまで歌とか踊りがメインなんだな、と。
そっち方面は興味ないので、さすがに声量すげー、とか思いながら見ていた。
 オープニングがあったのには驚いた。
ゲーム原作だからなのか宝塚にはあるのか知らんが。

 狩魔家の服は舞台映えするというか、舞台上ではたいして派手に見えなかった(笑)
ミツメイだとプッシュされていたが、期待したほどではなかったなー。
フランジスカ(冥)役の人がちょっと早口で残念。
でも決めポーズのたびに、冥だ!冥だ!とニヤニヤせずにはいられなかった。
 
 誤解を恐れずに言うのなら、ものすごく豪華な二次創作だなあ、と。
それなりに面白かったです。


 あ、ちなみに居間で最後まで観ました。
外野がうるさかった時間もあったけど、比較的一人でゆっくりみれたのでいいや。

拍手する

メモメモ
09/05(日) 21:00~23:30 スカパー・宝塚チャンネル
逆転裁判2-蘇る真実、再び…-(’09年宙組・東特・千秋楽)

 でも無料日だけど、TVの番組表でチェックすると「無料」って書いてないんだよなあ。
チャンネルによって無料だったり無料じゃなかったりするから、ちょっと不安。
こんな機会でもなけりゃ、観ることもないだろうし。
そして、この時間に家族の目を気にせずに観ることはできるのだろうか……

拍手する

極限脱出 9人9時間9の扉(DS)
 謎解き脱出モノ、しかも死の恐怖にさらされながら犯人捜しとか大好きです。
「慟哭」(SS)とか……って他に思いつかないが。
 犯人が分かったと思っても、EDが増えるたびに分からなくなっていくという……。
「かまいたちの夜1」みたいだ、と思ったけど同じチュンソフトだ。

 ふと「MYST」を思い出して、携帯機でこんなグラフィックも使えるようになったんだなあ、としみじみ思った。
しかし、最近の謎解きはヒント多すぎだよねえ……
と言いつつ、予告がヒントだと気付くのにしばらくかかったけど。
(アレはありがたかった)
 キャラクターとしてはセブンが好きだ。