さば観
おもにゲーム、おもにひとりごと、まれにネタ
大逆転裁判2(体験版)
 ネタバレが嫌ってのは、自分の目で見る前に他から情報が入るのがダメってことだよなあ、と思ったので
ニコ生の公式放送でプレイ画面も見たし、体験版もやることにした。
龍太郎が可愛かったし!

 案の定、すぐに新キャラ?情報を目にしたし。
(以下ネタバレ)
怪盗ジョーカー(3DS)
 謎解きは当然のこと、敵を攻撃するとペナルティってのが「ジョーカー」らしい。
ボス戦の最中にも謎解きが出てきてアワアワするけと、ヒントが出るから安心だ!
……ヒントは何段階か、もしくは難易度が選べたらもっと良かった。
 高い所から降りると、スタッと着地して硬化時間が長いというのは何かこだわりがある感じ。
OPのスタッフロール?とかも好き。

 アニメが入るのはいいけど、それ以外の演出がアッサリで残念。
初回特典のコミックが単行本にも掲載されているのはちびっこにも優しい(ありがとう!)
 あと不満はQRコード……1年ちょっとしか経ってないのに、手に入れる余地が少ない……
やっとのことで入手できたのは4コ、
ってせめて公式HPで入手できるのは案内してくれ!…と思ったら、分かりづらいところにあった(汗)
 ゲーム紹介→コラボキャラクター
で、3コ入手可能。(コロコロのは不可)
あとはネット検索で、リンク切れしてるどっかのを1コ手に入れられた。

拍手する

アニメ逆転裁判
 期待はしてなかったのでジャンルとして賑わえばいいな、程度のスタンスで観てました。
かなり急ぎ足だったしタクシューが監修してたとは言え
「お耳の恋人ミミちゃん」ぐらいしか、その存在を感じられなかった。

 わざとゲームとは演出を変えてるっぽかったけど
ソコを流すか!?と思ったのもしばしば。
なんだろう、アニメから入った人に楽しみを残しておいてる、とか??

 2クール目のOPは良かった。ミツメイよりサーカスが。
アクロとバット……!
 冥が出てきたら、自分のチェックが厳しくなるかと思ったら
冥が動いてしゃべってるだけで嬉しい自分が居た。
……公式が音沙汰なかったからねえ。
しかも逆検2がアレだったし。
 堀田クリニックがカットされたのは予想してたけど、
院長(仮)が見られなかったのは残念。
 ミツメイに関しては、ホントにラストにアレを持って来てくれてありがとう!
作画キレイでありがとう…!って思った。
それまでの端折り方を見てると、丸々カットとは行かなくても
ざっくりとしかやらないんじゃないかと、本当に心配だった。
最低限の御剣のリアクションで終わったのがとても良かった。
アレがあっただけでも、アニメを見た価値があると思った。

 アニメの感想と言うか、最終回の感想になってしまったけど
正直、今はラストの印象しかない(^^;

 2期に「3」やってくれないかなーと思っているけど
別に大逆転裁判をやってくれてもいいんですよ!

拍手する

逆裁6 「時を越える逆転」
 話としては面白かった。
来人と雫のふたりは好き。
 タイムスリップはない、という前提から
トリックと犯人はだいたい予想がついた。

 が、シナリオの根本的にからむ部分の矢張のキャラ設定がねえ…
いま結婚する女性に惚れてしまったとしても、別れる事を望んだり
惚れた女のために歩きまわってる最中に、キレイな女性が居たからってそっちに行ったり……
どーしようもない奴でも、そういう所はまっすぐな男だと思っているんだけど。
 でも久々に小野坂さんの矢張が聞けて良かった。
(最後にちょっとだけなので、あれ?と思ったら、特別法廷で出てた)

 御剣ぐらい別のキャラになってるとあきらめもつくけど。
しかし御剣が独身だというのは、別にミツメイ的にも全く問題ないが
その後のぐぬぬ的なリアクションは余計だったんじゃないかなあ。
 まあ個人的に「5」「6」のルートはパラレルのひとつだと思ってるから。
「4」のナルホドのキャラがなかったことになってるし。

拍手する

逆転裁判6(3DS)
 とりあえず、まともにゲームとして遊べてほっとした。
今更ながら、「5」で一番受け入れられなかったのは難易度だったのかもしれない。

 視覚としての事実が見える分、真実がゆがむ
というシステムはなかなか面白い。それを逆手に取ったりとかも。
 相貌失認は別のゲームで知ってたからすぐ分かったけど
それによって画像が変わるというのは、「記憶」というのは主観が入るものなのかな、と。
感覚を研ぎ澄ますことで、ちゃんとした情報に変わるし。
じゃあ、電気信号として記録されている「画像」も研ぎ澄ましたら見えるような気もするけど
それを言っても仕方のないことか。

 難しい単語も多いので、振り仮名が欲しかったなーと。
あと「5」の時もだけど、思い出したように出てくるカタカナ表記が馴染んでない。
 5話は長くなるとは思ったけど、そこで切るなら「6話」でもよかったんじゃなかろうか。
キャラが絶望を感じている時に、「え、まだソレがあるじゃん」と思うことが多くて、いまいち感情移入できなかったのが残念。

 敵検事は憎いというよりウザかった。
ヘリクツですぐ終わらせようとするのが「はい論破」っていう人種のようで
ずっとイライラさせられた。
 レイファ様は怒っているのが可愛い。
踊りはオリエンタルっぽくないというか、……モダンバレエ?
服もレオタードっぽいしね!
 軍曹は30すぎのオッサンが出てくるのを期待してたら……。
ユガミとココネのコンビは微笑ましかった。
あと御剣は必要だった?w(ファンサービスです)

 まーそれなりに楽しんだので、次のナンバリングタイトルも発売日に買うと思う。

拍手する