さば観
おもにゲーム、おもにひとりごと、まれにネタ
花子さんがきた!!(SS)
 タクシュー制作だというのでプレイ。
アニメ観た覚えはないけど歌は知ってた。そして頭の中でエンドレス……
 子供向けかと思ったらガチ謎解きもあって、その辺がタクシューかな?って程度
というかエンドロールないの?

 テケテケは「法則分からないと絶対解けないやつだ」と攻略見てやっとクリア。
水泳もけっこう大変だった。
あと、水道が大変だったのはボタン配置のせいもあるけど、
コントローラーのRが死んでるからだった……忘れてた。(マルコンに持ち替えてクリア)

 マップの雰囲気は怖いけど、出てくるオバケが背景から浮いたポップさで和む。
ゲーム内アニメは「日本昔話かな?」と。
話ごとに絵が違うし、語りが一人だし。
絵はビックコミック系?と思ったら竹書房なのか。
 あまり期待しなかった分面白かったし、そんなに時間かからないのも良かった。
定価で買ってたら評価は違うだろうけど。

 しかし3DO、ピピンでも発売されて驚いたけど、DS版もあるのか。

拍手する

落シ刑事(DS)
 「ノスタルジア1907」で「メタモルV」だというので買ってみた。
感情を選んで会話するシステム以外は良くも悪くも昔のアドベンチャー。
歩き回ってフラグを立てないといけない所とか。
 グラフィックを含め低予算な感じだけど、昭和の雰囲気に合っててそれほどマイナスに感じなかった。

 感情システムはぼんやりしてて、いまいち正解が分かりにくい。
ベストエンドも攻略見てやっとたどり着いたけど、
正解ルートなのか、最後まで分からなくて「へ、認めた?え?」って程度の終わり方だったし。
 爆弾解体キタコレ!wと思ったけど、自分で解体するわけではないので、あまり緊張せず。

 あまり期待しなかった分、面白かった。定価で買ったのならもっと感想は違ってくるだろうけど。
話が安易に終わらないのがいい。
短いのは残念。もう1話ぐらい欲しかったな。

拍手する

DQ11(3DS)
 「ゾーン」はIPシステム(エスト2)かな?と思った。
シンボルエンカウントもだし。

 主に2Dでプレイ。
戦闘は3Dの方が見せ場があって良さそうだし、モンスターを避けられるのがいいけど、
2Dの方が歩きやすいし、人や「しらべる」の見落としが少ない。
何よりイベントは、2Dの方が想像する余地がある分入り込める。
3Dだと全部画像で見える分、「主人公=自分じゃない誰か」を見せつけられている感じが強くなる。
最近RPGやっても主人公と同化できない理由がそれだったのかも。

 DQの主人公は頭ツンツンのイメージが強くて、長い間どっちが自分?と思った。
あとシルビアとシーニャの名前のイメージが逆で、最後まで混同してた。
 シルビアは、言動だけなのか中身も女なのかと悩んでたら
さらっと「女3人」と混ざってたのが笑った。

 DQ10以外はプレイ済なものの、かなり忘れてる。
5までは覚えてるのは、ドラクエ4コマがあったからだろうな。
レイトン ミステリージャーニー(3DS)
 スマフォ版と同時のせいか、1話がさくっと終わるし
話上のナゾも解かなくても進める所も多かった。
3Dないのはびっくりしたけど。

 操作性がイマイチでイライラした。
「はい」「いいえ」の場所が統一されてないのはどうかと思うが、1ヶ所だったから我慢できたけど
直接タッチして決定できるのもあれば、スライドさせて決定ボタン押さないとダメだったり。
あと、メモ画面でペンや消しゴムを持ち直すと、一度目のタッチじゃ使えなくて
もう一回タッチしないとダメってのが一番イライラした。(一番使うところだし)

 話は予想通りだったけど、わりと面白かった。

大逆転裁判2 (3DS)
 全体的に遊びが少なかった気がする。
先を急いでプレイしたのと、あまり引っかからなかったせいかもしれないけど。
陪審員のシステムも形だけっぽい感じだったし。

 トリックはだいたい予想通りだった。
プロフェッサーも死神も予想がついたし、