さば観
おもにゲーム、おもにひとりごと、まれにネタ
ピクロスeシリーズ(3DS)
 ゲームほとんどやってない時期も、すれちがい広場とピクロスだけはプレイしてた。
お絵かきロジックというものは知ってたものの、ニンテンドーピクロスで触れてみて、デジタルでやるのは向いてるなーと。
自分が読み間違えない限り、着実に答えが出せるっていう所が好き。
 完成する絵はあまり見てない。ニンテンドーのは4周ぐらいしたし。
大きいのはすごいなーと思うけど。小さいのは答え出ても「??」で、色ついてやっと分かったり。

 ひとつ気に入らないのは、間違えると即直される所。(なる時とならない時がある)
ゲームとして楽しんでいるのに、答えを教えられるのは親切とも言えないし、単に操作間違いのときだとイラっとする。
と思ったら、新しいやつではON・OFFできるようになってた。そうだよね。

 特に好きってわけではないけど、ぼーっとやるにはいい。
パターン覚えると、小さめの範囲なら頭使わずに解けるので、眠気を誘うためにプレイしたり。
目が冴えることも、ていうかメガピクロスは考える部分が増えるのでそれほど好きではない。プレイするけど。

拍手する

マックスウェルの不思議なノート(DS)
 入力した単語が具現化して、それを使ってクリアするゲーム。
意外とステージがたくさんあって、次々クリアをして行く感じ。
もちろん、のんびりクリアしてもいいんだけど。(速さを要求されるステージ以外は)
 中古がなかなか安くならないけど、その分おもしろかった。

 平仮名とカタカナと区別があるのに気づかなくて、最初は困った。「ぷりん」はダメで「プリン」は可。
かなりの単語が用意されていて、はしご系だけで「はしご」「ながばしご」「いえのはしご」「ながばしご」「キャタツ」など。
「いも」「ポテト」「POTATO」は区別されるのでアドバンストモード(同じ単語使えない)ではセコくクリアしたり。
 「バスケット」「ペガサス」は活用させてもらった。

 アクションモード(クリアの星を取りにいく)のが苦手だったけど、
パズルモードをあらかたクリアした後だと、使えるものが分かっている分、そこそこクリアできるように。
しかし途中からアクションとパズルの区別がないような問題も…
 「人形の世界」って前提があることで、コレそんなに軽かったのか!と後から気づくことも。
 
 なるべく殺さないようにしてたけど、クリア条件が「ゾンビを助ける」だったりするうちに
邪魔モノはとりあえず殺してみたり(殺生不可のステージもあり)
キリギリ&運でなんとかした所も多くて、「本当は別の答えがあるんだろうなー」と思ったり。
 自力で9割はクリアしたので、あとは攻略見たり変な単語探しかな。「ながいねこ」とかw

拍手する

完訳グリム童話1 小澤俊夫:訳
 童話って超展開なものだけど しょっぱなの「かえるの王さま」から、
「汚らしいカエルめ!」と壁に投げつけた姫と、それで蛙から戻った王子が結婚して「ええ……」てなった。ドMかな?

 そのインパクトが強すぎて、以降も超展開なものがあっても
それほど驚かなかった。意外と起承転結がちゃんとしているのも多かったし。
もちろん、理不尽なのや投げっぱなしのもあるけど。
  「赤ずきん」でビロードのずきん、と明記されてて「これ大事!」と思ったけど(原作厨のサガ)、活かす場はない。
有名ドコロも今知られてるエピソードとは結構違っていて、
そこについて細かく書くならネタバレかな?と思った直後にネタバレとは…??となった。

<灰かぶり(シンデレラ)>
 元は血なまぐさいのは知ってたけど、魔法使いは居ないし、ガラスの靴じゃないし、かなり違っている。
たまたま靴が脱げたんじゃなくて、王子が働きかけて靴を置いていかせたってのが好きだな。
民話は口述だし土地ごとに違うものだから、(意図を持って変えたのでなければ)どれが正解とかはないだろうけど。
口承派とグリム派が居たのかもしれない(^^

<白雪姫>
 つまづいて毒リンゴが口から落ちた、が記憶通りだった。
デゼニ由来?のキスするパターンが主流になってて、死体に口づけとかサイコかよ、と思ってたけど死体を持って帰る時点でアレだ。
もっと頭おかしい話もあるし。

<ふたりの兄弟>
 知らない話の中ではこれが面白かった。
金貨のくだりが途中で空気になるのが残念だけど、途中のエピソードも忘れた頃にちゃんと回収されるし。


 全体的に美しくて王族であれば、性格の悪さは目をつぶる傾向にあるので、
「かえるの王さま」も割と自然な流れだったのかな、と一通り読んでからは思った。

拍手する

「逆転裁判 時間旅行者の逆転」 円居 挽 (早川書房)
1804mei.png
 タイミング悪くて2度品切になった&再注文忘れてた、のでいまごろ入手。

 冥(2)はちょびっとかなーと思ったら、意外と出てた!可愛い!!
最後のセリフがw
 キャラクターの描写が最低限なのは、個人のイメージを壊さないためかな。
この時点で狩魔家御剣家の奥方が居たかどうかが書かれていて「うおっ」と思ったけど、自分設定に影響はなかった。
影響があっても、「パラレルだから」で済ましてただろうけど。
 後半がいつの話かと考えながら読んでたけど、「1」の途中のようだ。
あくまでパラレルの一つなんだろうけど。(個人的にタクシュー以外の作品はパラレルだと思っている)
全体的なつくりが逆裁らしくて違和感がないし、面白かった。


▼以下ネタバレ▼
花子さんがきた!!(SS)
 タクシュー制作だというのでプレイ。
アニメ観た覚えはないけど歌は知ってた。そして頭の中でエンドレス……
 子供向けかと思ったらガチ謎解きもあって、その辺がタクシューかな?って程度
というかエンドロールないの?

 テケテケは「法則分からないと絶対解けないやつだ」と攻略見てやっとクリア。
水泳もけっこう大変だった。
あと、水道が大変だったのはボタン配置のせいもあるけど、
コントローラーのRが死んでるからだった……忘れてた。(マルコンに持ち替えてクリア)

 マップの雰囲気は怖いけど、出てくるオバケが背景から浮いたポップさで和む。
ゲーム内アニメは「日本昔話かな?」と。
話ごとに絵が違うし、語りが一人だし。
絵はビックコミック系?と思ったら竹書房なのか。
 あまり期待しなかった分面白かったし、そんなに時間かからないのも良かった。
定価で買ってたら評価は違うだろうけど。

 しかし3DO、ピピンでも発売されて驚いたけど、DS版もあるのか。

拍手する