さば観
おもにゲーム、おもにひとりごと、まれにネタ
近況
 コミケ中止になりましたね。
先週ぐらいの感じだとイケそうだったけど、数日で急に罹患者増えたからねえ。
スパコミ関西は中止になっても旅として行くつもりだったけど
この状況だと関西方面もどうかなあ、と。
 中止になっても本は作ります。
決まってもないうちからスローペースになりつつあるけど
中止になったら印刷所で刷ろうかな。

 自分の所は新型コロナの影響は今の所少ないです。
我が家も職場も大きな影響はないし、
1年以上前に買った箱マスクもあるから慌てて買うものもない。
元から出不精だから家と職場の往復だけだし。
 多少の油断はあるかもしれないけど
「自分がカゼひいてるからうつさない」ぐらいの気持ちで生活中。

 今はスパコミがどうなるかが一番の気がかり。
2月のイベントがギリギリだったよな、と改めて思う。

拍手する

春の旅とウィルス対策
 着いてすぐホテルに荷物を預けようとしたら、
予約が取れてない…?
今回は親の互助会で安く泊まれるというので予約取ってもらったんだけど
特にプリントされたものもなく、前に泊まった事ある所だし
あー分かる分かる、と当日行ったらコレだ。
ホテル間違った!?と焦ったけど、家に確認したらやっぱりソコだし
自分のせいじゃないと分かってからは、大慌てのホテルの人を「すまんなあ」という気持ちで見ていた(苦笑)
 通常の値段ではまず泊まらないホテルだし、イザとなったらいつもの所に行くかーと思ったけど
結局、予約したはずの値段で泊まれました。
 定宿より安かったし、差額で
にせんななひゃくえんの朝食を食べてみた。
しかし、「オムレツだけでも千円弱?」とか「紅茶もそれなりの値段だろう」とか、つい計算してしまった。
味はまあまあ。

 さて、目当ては「法廷」だったわけで、
10月の法廷が台風で流れて、今回は新型肺炎のせい!?と思ったけど
けっこうギリギリのタイミングでセーフだった。
 開場30分後に行ったら列も全然なくてびっくりした。
欠席のサークルも居たし、会場内も人がまばらで仕方ないよなと思ったけど
ジャンルによってはスゴイ混みだったらしい。
 10月に買いたかった本も買えたし満足。

 親には「本当に行くの?」と、何度も訊かれたし
ウイルス対策はきっちりしていった。
もともと旅行時は乾燥対策でマスクするけど、使いまわしたりするので
「ホテル戻ったら捨てる!」を心がけた。
 1年以上前に買った箱マスクがまだあるし、困らなかったけど
売ってたら土産に持ってこうか、と地元のドラッグストア行ったらマジでなかった。
 あとスプレー容器に除菌用アルコールを入れて持ち歩いた。
あちこちに設置されてたけど、基本的には飲み食いする前だけ使ったのでそれほど減らず。

 帰ってから2週間経とうとしてるし、どうやら大丈夫だったっぽい。
正直そこまで騒ぐものでもない気がするけど、ばら撒いたら火炙りにでもされかねん雰囲気だし。
対策して悪いことはないから、
気を配りつつ普通の暮らしをしている。(もとから出不精)

拍手する

春の展示
 上京するタイミングで気になる展示がやっていたので、今回は「ミイラ展」と「マル秘展」へ。
ちょうど猫の日だったし、なんかやってるかなと調べたら
沢山ありすぎて、デパートのねこフェスティバルなるものを少し見た程度。

 「ミイラ展」 国立科学博物館
終了間際だったせいか、肺炎騒ぎはドコへやら、という混みっぷり。
 死んでからこんな大勢の人に見られるとは思ってなかっただろうな、と。
外国のは死後加工されたものがほとんどで、「こういうもの」って感じだけど
日本のミイラは生きてた面影が残っているものばかりで、なんかグッと来た。
 江戸時代の兄弟は一部に布がかかっていて、「?」と思ったけど
股間を隠しているのに気づいて、隠すほどリアルに残っているのか?と思った。
本草学者のミイラも隠してた。
エジプトのはリネンでチンコ作ってるミイラがあったけどw
 あと常設?のミイラも紹介してた中に「干し首」があって
昔のマンガで見たやつだー、とちょっと感動。
ソレだけで見たら気味悪がったかもしれないけど、さんざんミイラ見た後だし。

 ついでに科博でやってた「絵本でめぐる生命の旅」も見た。


 「マル秘展」 21_21design sight
デザイナーのメモや、有名なロゴとかが完成するまでの試行錯誤が展示されていた。
自分の下地がないので、なんかスゴイっぽいけど何がスゴイか分からなかった。
角度をちょっとだけ変えて、ビフォー&アフター並べてもその違いが分からなかったり。
 試作品がいくつもあるのは当然だろうけど、落書きを山ほどやってたり
やっぱり常に手を動かしているって大事だなーと。

 六本木のミッドタウンを抜けたところにあったんだけど、
六本木なんてKONAMIのショップを見に来た以来か、と思ってたら
KONAMIの字が見えて、ショップまだあんの??と思ったらオフィスだったっぽい。

拍手する

歯を抜いた
 久々に歯医者嫌いになりそうだった。

 いやー、いろいろと科学が進歩していても歯を抜くのは力ずくなんですね。
もちろん痛くないように麻酔はしたけど、それでも痛いし。
痛さって慣れるものだけど、それは同じ痛みが続く場合で、
意識を他に持って行こうとしても、たびたび激痛がやってくるので慣れるヒマがなかった。
昔の麻酔の方法を思い出したりした。将棋に集中してる間に気絶させるんだっけ?

 抜く方も大変そうだった。
長くて抜きにくい歯だったらしくて、1時間弱ほど。
 悪くない(虫歯じゃない)歯を抜くのももったいない気がするけど
悪くなくもない(口内を傷つける)歯でもあるし。

 多めに麻酔したから、夕飯になっても少ししびれてたけど
まー大丈夫だろと思ったら、傷の痛みの方がダメだった。
結局、温泉卵とヨーグルトぐらいしか食べられなかった。ダイエット中の女子高生かよ。
 次の日も柔らかめのモノをおそるおそる。
それ以後も前歯で噛み切る以外なら普通に食べられるけど
口動かすと傷が開きそうで、こわくて間食ができなかった。
 友人が親知らず抜いた時は一週間柔らかいものしか食べられなかったそうだから
前の歯一本だけで済んでよかったんだろうな。

拍手する

年末の旅
 1日目は売り子…のはずが、振られ続けたイサ森さんと久々に会えて
売り子もそこそこに離脱してしまいました。申し訳ない…。
 ジョンのパスケースも買えて、しまっとくつもりだったけどイサ森さんに「使ったら?」と言われて
東京にいる間は\ヌッ/しました。
ジョンぬい連れてくか迷って止めたので、その分なごませてもらった。
 2日目も3日目も遅めに行って、それほど並ばずに入れた。
しかし3日目、3・4(上の階)に行きたかったのに1・2の方に入場してしまい
ぐるーーっと歩かされて、ホールに入るまで時間がかかった(汗)
 
 基本ぼっちな上に年末はどこも閉まってて時間を持て余すんだけど、
今回は「シンカリオン劇場版」と「DQウォーク」があったので、それなりに。
チケット(ムビチケ)のシステムがよく分からなくて、映画館でチケット手に入れるまで不安だったけど、なんとかできた。
「シンカリオン」は、楽しかった!と声を大にして言いたいぐらい楽しかった。全部乗せでこれぞ劇場版。

 4日間行く予定を組んでたものの、4日目は特に買うものなくて観光して帰りました。
DQウオークの土産を目当てに浅草へ。
年末だから閉まってるかなーと思ったら、全然そんなことない&人いっぱい。
そして浅草寺のまわりには屋台がずらりと……ああそうか、と。
 浅草とかアメ横とか店がぎちぎちとあるのが好きで、ひたすら歩き回っていた。
というか、浅草も食べ歩き禁止になったのか。
食べ歩きってなんだか楽しそうで憧れるけど、基本的に3食以外あまり食べないし
そもそも飲み物も立ち止まらないと飲めないので(^^;


拍手する