さば観
おもにゲーム、おもにひとりごと、まれにネタ
レイトン教授と最後の時間旅行(DS)
 難易がちょうど良かったと言うか、
自分にとっては難しすぎず簡単すぎず、な問題が多く
テンポ良くプレイできました。
 1コなら早めにヒント見ていい、というマイルールを設けたからかもしれない。
「分かってるよ!」と思うのが多いけど
それでもよく読むと糸口がつかめたりするので、なかなかバカにできなかったり。
 もちろんよく考えても分からない問題もあるので
それは後のお楽しみに。
問題の意味が分からなくてヒント見たのもあったけど。

 今回は声が入る部分が多かった。
有名人が声をあてるってのは、
いくら上手くても本人のイメージがつきまとうから
よっぽどイメージが合ってないとジャマに思える。
まー大泉以外は声だけじゃ分からないし、慣れたからいいけど。
 その点ではナゾリーヌは本人のキャラが全面に出てるので
悪くなかった。つーか笑った。
レイトン教授と悪魔の箱(DS)
 ゲーム内でヒントがみれるのはありがたいけど
何度か考えても分からないと、ついヒント見ちゃうのは痛し痒し。
まー問題量が多いから、ヒント見つつテンポ良くすすめてもいいんだろうけど。
なんで「ヒントメダル」から「ひらめきコイン」に変えたんでしょ。
語呂悪くない?
 今回、なかなか問題を理解できなくて
何度も読んだ上に誤解したりして、(特に名前と数字が同時に出る問題)
……暑い時期だから脳が動かなかったんだよ、
と思い込むことにしました。


 前作で