さば観
おもにゲーム、おもにひとりごと、まれにネタ
レイトン教授VS逆転裁判 絵チャ

 久しぶりにチャットに参加。
直前にペンタブのドライバをダウンロードすることになったり、
初のピクシブチャットでアワアワしたけど
いつも通り、チャット>>>絵だったので問題なし。
つーか、まとめてみたら、マジでロクな絵がなかった……
いくつか切れて保存されてたし。↑ルークも。

 舞台ウラのツッコミ(時間旅行よりはマシ)とか
レイトンのマンガの話とか、レイトン側の話が多かったかな。
 教授の年齢が「不思議な町」で37だと教えてもらって驚愕。
……大丈夫かアロマ(笑)
 レイトン未プレイの人の「教授はイケメンポジションだと理解」に笑ったけど
レイトンファンを見ると、このネタもあながちウソでもなかったかなーと思ってみたり。

 個人的にはクリーンヒットは出せず、バントを重ねた感じだった。
あ、笑いの話ね。(目指す所はソコなのか?)

拍手する

レイトン教授VS逆転裁判(3DS)
 面白かった。満足。
「レイトン」なので心配はしてなかったけど
ていねいに、互いに敬意をもって作られている感じだった。
思った以上に「逆裁」だったけど、大ワクは「レイトン」だったという印象。
 難度は低めだった。今作で互いのシリーズに初めて触れる人への配慮だろう。
おかげでテンポ良く進めたけど、早く終わってしまったのが残念といえば残念。
 しかし、ここで逆裁に新システムが出てくるとは思わなかった。
「ちょっと!」の掛け声は妙だけど(笑)
ナゾにツッコミ入れられるのも良かったが、1問だけだったのはもったいない。

 頭身の高いレイトンがキメエ(笑)
絵だと気にならないんだけど、ポリゴンがなんか違和感・・・。

 声については、こんなものかな、と。
真宵ちゃんの違和感が薄かったのは、ゲーム本編(1~3)で声がないからだろうな。
 いわゆる、「声優的声の出し方」ができない声も、ひとつの味だと思うけど
そーいう人ばかりがメインだと、一瞬聴き分けが出来なくて困った。
ルークの「待った!」はマジで誰かと……

 ゲームに声を入れることの是非は、「ヒドくなければどっちでもいい」と思っているけど
この作品では……悪くはないが、テキストのニュアンスを損なうと言うか
ブレイクなんかはテキストを超えてない、と思った。

 ジョバンニのネーミングがステキすぎて、せっかくの場面が集中できなかった(笑)
新キャラが出るたびに名前の元ネタが気になったけど、
やっぱり一番はジョバンニだと思う。

 「レイトン」より「逆裁」の印象が強いのは、やっぱり真宵ちゃんの印象が強いからだろうな。
改めて、逆裁は真宵ちゃんがいてナンボ、だと思った。
ルークとの取り合わせもほのぼのしててよかったが、レイトンとのツーショットが楽しかったw
 「魔法について裁判する」というのは、一見ムチャに思えるけど
魔法にも制約があって、そのルールを踏まえてロジックを組み立てる、というのは
「逆裁3」を思い出させた。

天才的発想
レイトン教授vs逆転裁判 4コマ


真宵ちゃんは、直感や発想の転換が必要な問題が得意そう。

拍手する

レイトン教授とユカイな裁判
オチは2コマ目
 「ユカイな事件」のパロと言った方がいいかもしれない。

 まさか、こんなに早く「逆転裁判」の新作ができるとは。
どちらかと言うと、「レイトン」のフィールドのようだけど。
成歩堂&真宵ちゃんのコンビがまた見られるのが嬉しい。
 いやーメルマガとか盛り上げてたのは、このためだったのか!と。
すごく楽しみです。正直、逆検2よりも。
ああでも3DSかー。ノーチェックだったのになあ……。
 やっぱりしゃべるようだけど、まーソレは特別法廷で免疫できてるし。
あと気がかりなのは……アロマが出るかどうかぐらいか。

拍手する

レイトン教授と最後の時間旅行(DS)
 難易がちょうど良かったと言うか、
自分にとっては難しすぎず簡単すぎず、な問題が多く
テンポ良くプレイできました。
 1コなら早めにヒント見ていい、というマイルールを設けたからかもしれない。
「分かってるよ!」と思うのが多いけど
それでもよく読むと糸口がつかめたりするので、なかなかバカにできなかったり。
 もちろんよく考えても分からない問題もあるので
それは後のお楽しみに。
問題の意味が分からなくてヒント見たのもあったけど。

 今回は声が入る部分が多かった。
有名人が声をあてるってのは、
いくら上手くても本人のイメージがつきまとうから
よっぽどイメージが合ってないとジャマに思える。
まー大泉以外は声だけじゃ分からないし、慣れたからいいけど。
 その点ではナゾリーヌは本人のキャラが全面に出てるので
悪くなかった。つーか笑った。